東京都市大学付属小学校|富士チャイルドアカデミー

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

私学の安全対策

東京都市大学付属小学校

@.当日の対応

ア:3月11日は年度末短縮授業であったため、午後2時にはほとんどの児童が下校していました。

イ:校内残留児童は、卒業式表彰等の6年生や所用で残っていた4年生数名だけでした。

ウ:地震発生とともに教頭の指示で、教員誘導で児童を校庭に集合させ、安全確認の後、アリーナ(体育館)へ移動させました。

エ:その後、下校途上の児童が二子玉川駅と成城学園前駅のホーム等にいると推測されたので、教員が分担して、それぞれ出向き(成城学園前駅からは連絡もいただきました)、実際にそこにいた児童を学校へ退避させました。

オ:イとエの児童を合わせて20名だけでした。

カ:その20名については、学校ホームページに学年氏名掲載するとともに(後に全削除)、できるだけ、校内退避残留児童の家庭と連絡をとり、保護者引き取りをお願いしました。(HP掲載にあたっては、非常事態ですので、個人情報といえども出席番号等の暗号掲載はしませんでした。出席番号を覚えていない家庭が多いと判断からです。引き取り後全削除。)

キ:交通事情等で引き取りに来れず、その夜、校内に宿泊することになった児童は9名でした。

ク:宿泊は9名でしたが、全教職員、校内宿泊で児童対応しました。(但し、家庭に幼児や小学生がいる教職員、要介護のお年寄りのいる教職員は帰しました)

ケ:児童と宿泊教員合わせて30名ほどですので、乾パン等の非常食ではなく、おにぎりやカップ麺等で児童をねぎらおうと考え、コンビニやスーパーに買い出しに行き、翌朝の分まで確保しました。

コ:近所に住む学校評議員さんが退避児童のことを心配してくださり、差し入れて下さいました。

サ:隣接の都市大付属中高食堂による炊き出し提案の申し出がありました。(同校は生徒100名ほど宿泊)。結果的には本校対応分で間に合ったので利用しなかったのですが、グループ力による申し出ということで、大変心強かったです。

シ:児童9名は食後、一階教室にマットを敷き、非常用毛布を出して、教員付添で睡眠をとりました。

ス:余震等を考え、教員が交替で起きたまま廊下巡回しました。

セ:宿泊児童は、翌日午前9時までに保護者引き取りが完了致しました。

ソ:教職員は、児童引き取り完了後、校舎点検をしてから退勤しました。

※なお、校長は地震発生時、都市大学で会議出席中でしたが、ただちに会議を中断し、携帯メールや固定電話などで教頭、事務長と連絡をとり、指揮・状況確認に当たり、その後、学校に戻り、児童と共に学校に宿泊しました。

下校途上の児童に対しては

ア:前項「エ」のように最寄り駅にいる児童は教職員が迎えに行き、学校退避措置をとりました。

イ:銀行や店舗から、本校児童を預かっているというありがたい連絡が数件入りました。それらの児童家庭と連絡をとり、保護者に引き取りに行ってもらいました。

ウ:今後の教訓を得るために、下校途上、もしくは既に帰宅在宅児童の状況について把握するために、「地震対応アンケート」をとり、現在集計中です。

A.翌日からの対応・連絡

1.大きな余震可能性や鉄道等交通事情を考え、月曜日を臨時休校としました。

2.月曜日、教職員を集めて、火曜日以降の対応を話し合いました。

ア:三日以内に大きな余震可能性70%という予報及び劣悪な交通事情が続くことや計画停電の情報から、17日の木曜日まで休校を延長することとしました(都合4日の休校)。

イ:したがって、その間に計画されていた、大縄跳び大会や4年生の「2分の1成人式」などは中止としました。

ウ:但し、同じくその間に計画されていた「6年生を送る会」は卒業式の前日に延期としました

エ:4日間の休校明けの学校業務再開については、17日に決定することとし、その間、情報収集をするとともに、休校措置の場合と普通登校の場合とに分けて、どういうことが起きるか想定シュミレーションを行いました。

オ:シュミレーションの前提として、考え方の基本をしっかり立てることが大事だということを確認しました。私どもが基本として立てた考え方は次の通りです。

(1)児童の安全第一を旨とする。
(2)児童の安全確保が可能と判断されれば、年間計画として残る学校業務はやりきって、児童の進級・卒業要件をしっかりと整えて新年度に臨む。
(3)児童の安全確保が不可能であれば、文部科学省が「進級・卒業要件の緩和」に従って、全休校もやむなしとする。
(4)放射線被害が生じているが、風評に惑わされず、公式情報を基に正確な判断をする。
 1.風評に惑わされることは、学校教育法一条校として公式情報に背くことになる。
 2.また風評を理由として休校したならば、学校再開の理屈が立たない。
(5)よその小学校(公立私立とも)の情報は最大限収集するが、その情報に振り回されず、都市大小学校として主体的な判断決定をする。但し、よその小学校がどのような決定をしているか、情報は包み隠さずに保護者に提供する。
(6)学校として判断・決定したことや考え方は、「保護者一斉メール」と共に、ホームページの「緊急連絡」欄と「先生ブログ」を最大限活用して、保護者に知らせる。

カ:以上を基に次のように決定を下し、実行しました。

(1)19日(土)卒業式を予定通り挙行する。但し、在校生列席は5年生のみとし、5年生登校は保護者同伴とする。希望があれば、5年生保護者の卒業式列席を認める。
(2)6年生を送る会は、前日の18日(金)とし、全校児童で行う。但し、できるだけ保護者同伴登校とし、また、事情で登校できない児童は登校免除とする(出校停止扱い)。
(3)22年度修了式を23日から26日に延期し、21日から26日まで、全校児童を登校させ、進級要件を整える。但し、できるだけ保護者同伴登校とし、また、事情で登校できない児童は登校免除とする(出校停止扱い)。
(4)その後、春休み中にさらに検討を加え、始業式、入学式、新年度業務も予定通り実施することとしました。
(5)放射線被害の問題に関しては、東京都市大学工学部原子力安全工学科に相談して、東京都が毎日一時間刻みで計測発表する放射線量をもとに毎日、年間換算値が1ミリシーベルトを上回らない限り、通常登校で問題ないことを確認しながら、学校業務を継続しております。

B.保護者を最も安心させた対応

(1)ホームページの緊急連絡欄と先生ブログで、迅速に、状況および決定事項や考え方を周知したこと。
(2)学校として情報収集に努め、児童の安全と進級・卒業要件の両方を勘案して、主体的な判断を下したこと。
(3)連続4日間の臨時休校だけでも、児童たちは家庭のなかで悶々と過ごし、気持ちがふさいでいたので、学校として児童の安全を第一に考えつつ、学校登校は可能と判断して休校措置を解除し、3月26日まで登校させ、お友達といっしょに通常生活をさせてもらえたのは、震災後の児童の心のケアのためにも大変良かったと言われました。

C.安全対策について

(1)都市大グループ力

 ア:いざという時に、本校に隣接する大規模な都市大付属中高と連携して対応します。
 イ:都市大原子力安全工学科とも連絡をとり放射線被害に関する正確な情報を得られます。

(2)危機管理の力

 ア:登下校確認のセキュリティシステムや登下校指導、年間カリキュラムにおけるセキュリティ教室等、従来から都市大小学校として培ってきた安全教育、危機管理意識の醸成が、今般の震災対応でも力を発揮したと思っています。

(3)強力な発信力

 ア:「保護者一斉メール」「ホームページ緊急連絡欄」、「先生ブログ」を。有機的かつ縦横無尽に活用して、学校の決定事項だけでなく考え方も伝えることで保護者の安心感と学校への信頼感を強めることができたと思っています。

(4)教職員の行動力

 ア:迅速な判断で最寄り駅に飛んでいく
 イ:児童第一に考え、全員で泊まりこもうという決断力
 ウ:学校としての決定事項を全員で盛り上げようという集中力と結束力

(5)保護者のネットワーク

 ア:本校の父母の会は大変しっかりした組織で、保護者同士のネットワークが強いですから、今回の震災対応においてもお互いに情報交換しあって、教訓を得たり、児童の心のケアを図ったりしています。

※教育情報誌の「週刊教育プロ」に本校の地震対応のことが記事として掲載されました。本校の6年生の下級生への思いやりあふれるエピソードが載っています。どうぞご覧下さい。

その他「私学の安全対策」に関する記事一覧

pagetop

幼稚園フェスタ