光塩女子学院初等科 校長 - 影森一裕 先生|富士チャイルドアカデミー

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

校長インタビュー

光塩女子学院初等科 校長 - 影森一裕 先生

—インタビュアー吉祥寺教室室長 佐藤かおり—

女子教育の良さはどのようなところにあるのでしょうか。

 女子しかおりませんので、性別にとらわれずに役割分担し、男子がいればしてもらえることも自分たちでします。また、男子はあるとき一気に集中して力を伸ばすということがありますが、女子はどちらかというと、地道に積み上げていく傾向にありますので、学習を進めるうえで同じような者同士の集団で伸びていきやすいこともあると思います。

 

光塩女子学院初等科の生徒さんらしい、最近のエピソードがありましたらお聞かせ下さい。  

 児童は授業中よく集中しますが、休み時間はとても元気に遊びまわります。雪の降った後も大喜びで校庭を走り回っていましたし、また、雪かきなどは楽しみながらすぐに手伝います。

 

学校説明会や授業公開で、入学を希望する保護者の方に一番見てもらいたいのは、どのようなところでしょうか。

 授業と休み時間のけじめ。集中して授業に取り組み勉強を楽しむ姿と、休み時間は元気に遊びまわる様子。

 

就学前の子どもの子育てで、母親が一番心掛けなければならないことは何だと思われますか。

 子どもの話をよく聞いてあげること。

 

来年度、初等科で新しい取り組みがありましたら教えて下さい。

 小さいながらも学校菜園ができたので、少しずつ土に親しませたいと思います。修学旅行を一泊から二泊にし、余裕を持って体験や学習をします。

 

先生への個人的な質問になります。ご多忙の毎日でいらっしゃると思いますが、お休みの日はどのように過していらっしゃいますか。

 原稿書き、散歩、孫と遊ぶ、日曜日は教会へ行きます。

 

富士チャイルドアカデミー 吉祥寺教室室長 佐藤かおり

その他「校長インタビュー」に関する記事一覧

pagetop