年中受験コース(年少11月~年中10月) | 相模大野教室からのお知らせ

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

相模大野教室からのお知らせ

年中受験コース(年少11月~年中10月)

◆年中受験コース(年少11月~年中10月)【週1回 60分授業】
(2017年4月2日~2018年4月1日生まれ)


年中受験コース<指導内容>
具体物を使いながら、受験勉強の基礎作りを致します。少人数のきめ細やかな指導ですので、安心して学習に取り組めます。
曜日と時間帯はお電話にてご確認ください。

・話を聞く力がつく
・学習する楽しさが分かるようになる
授業では具体物を使い発問を聞いてペーパーに取り組むことを少しずつ進めていきます。
先を急ぐのではなく、考える楽しみを知り、分かる、出来るという自信をつけることによりしっかりとした基礎づくりをしていきます。

 


<系列の授業>
◆系列・・1回目  色チップが順序良く赤青赤青…、赤青緑赤青緑…と並んでいるのをみてどのような約束のもとに並んでいるのかを考えます。
自分で同じように並べてみます。間違えたところがあれば直し何度も繰り返すうちに自分で考え理解していきます。
具体物を使った後ペーパー問題をやってみます。ペーパーでは順序よく○△×の形が並んでおり、空いているところに何が入るかを考えてその形を書き入れます。具体物を使って考えた○△×の繰り返しに気づく事が出来れば答えを出すことができます。

◆系列・・2回目  母の日のプレゼント 「ブレスレット作り」
 「ここに色々な色のビーズがあります。お母様が一番好きな色はなんですか?」 →桃色です
 「では、2個とってください。他にも好きな色はありますか?2つ言ってください。」 ⇒白と赤です。

 という設問により、桃桃白赤の順にゴムにビーズを通していきましょう。 ⇒ブレスレットの完成

 「ペーパーをやりましょう。」○○△×○△×○ ⇒には何の形が入りますか?
 という問題です。今回は○○△×の4個で1つのまとまりだと気付く事が大切です。

◆系列・・3回目  ペーパーをやりましょう。
          ○×△○○△     
 今回は一番最初が分かりません。そのようなときには、左右の人指し指を使ってやってみましょう。同じ形どうしに指を置き一つずつ横に進めていきます。片手が空欄を指したときもう片方の指がさしている形が空欄に入るものになると考えます。
きちんと理解されずにいわれるまま機械的に指を動かしているだけだと対応できなくなってしまいます。このとき一つずつや、横に など言葉の意味を理解することもふまえ自分で考え推理する力を身に着けられるように丁寧に指導していきます。

このように年中小受のコースでは少しずつステップアップしていきます。
興味を引き出しながら無理なく楽しく学ぶことができるので受験にむかって着実に力をつけることができます。


【年少から始めるとどのようなメリットがあるでしょうか。】
授業に向かう姿勢を育てスムーズに学びへとつなげる。
幼児は遊びを通して学んでいきますが、自分の好きな事だけやる遊びと違い授業では先生の指導のもとで学んでいくので思い通りにならないこともたくさんあります。
椅子にきちんとすわる・先生の話を聞こうとする・自分で考えようとする・自分のことは自分でする・頑張ろうとする・我慢できる・興味をもって取り組める・楽しむことが出来るなど、これらは授業を受けるための(学びの)姿勢としてどれも大切です。
富士チャイルドアカデミーの授業では
具体物を使うことにより遊びに近いかたちでお子様が実際に経験し体得したものが知識になるようにします。そして自分でやってみたいという好奇心から積極性を引き出し、そのことがやがて頑張りと工夫する力(自分で考える)を育むことになります。さらにお子様の自己肯定感となり自信につながるでしょう。

このように、単に知識だけを教えるのではなく、学ぶ姿勢も身に着くように丁寧に指導いたしております。新しい何かを習得するためには、繰り返すことが大切です。経験の少ない幼児にとってはそのための時間が必要です。ゆとりのある時間を使い繰り返すことにより確かなものにしていくのです。この積み重ねが受験の成功を約束してくれるのです。

  


・年中絵画コース 
曜日と時間帯はお電話にてご確認ください。

★年少受験コースも開講中です。
早生まれのお子様は、早目のスタートをお勧めいたします。

教室の情報はこちら

教室名 住所 電話 アクセス
相模大野教室 252-0303
相模原市南区相模大野3-17-13 井上ビル3F
042-747-6651

相模大野駅から徒歩3分

その他のお知らせ

pagetop