玉川学園幼稚部|富士チャイルドアカデミー

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

玉川学園幼稚部

玉川学園幼稚部ってこんなところ

幼稚園は、子供たちが出会う初めての「学校」です。それは、義務教育に連続する教育機関であることを意味しています。玉川学園幼稚部では、義務教育につながる「生きる力」が一人ひとりに十分芽生えるよう、唯一無二の個性に視点をあてながら、同時に全人教育という共通の価値観の基で、意図的に、組織的に、効果的に教育を行っています。

また、K-12一貫教育(幼小の教育連携やカリキュラムの一貫性)という視点から、日本語と英語のバイリンガル教育「BLES」(※1)の準備教育として2016年4月より、BLES-Kinder(BLES-K)プログラムを実施しています。年少から英語の先生や英語に親しむ環境を設定し、学年が進むにつれて、生活のいろいろな場面で、英語による働きかけ、英語での発信が増えてきます。年長後半は保育時間の半分程度が英語活動になり、1年生からのBLESクラスへ無理なくつなげていきます。

※1  Bilingual Elementary School (文部科学省「教育課程特例校」)

求める子ども像

「きれいな心」「よい頭」「つよい体」の「玉川っ子の3つのやくそく」は創立以来、幼稚園生や 小学生にとっての指標になっています。

  • きれいな心を育てます:唯一無二の個性を尊重しつつ、全人教育という万国共通の価値観に基づいた「善さ」を大切にします。
  • よい頭(探求心)を育てます:「わからない」と思うよりも、「もっと知りたい」と思う心を大切にします。
  • つよい体(挑戦する気力、体力)を育てます:「~ができない」と思うよりも、「~ができるようになりたい」と思い、粘り強く実践する姿勢を大切にします。

これから入園する皆様へ ~先生からのメッセージ~

誕生日を迎える毎に、子どもたちの成長を実感するはずです。それぞれの子どもには、その時期にこそ必要な環境があります。親が代わってすべきこと、親が代わってしてはいけないことなど、子どもも、保護者の皆さんも、教員である私たちも、1年ごとに成長を遂げていこうとする場が、学校教育のスタートである幼稚園です。三位一体の教育に、是非参加してください。20年後、30年後を見通すことは難しいですが、何事に対しても必要な「自発性」は今から育てていくものです。ゴールは遥か彼方。子育ては大事業です。難きが故に尊いのです。

ご参考情報

過去の幼稚園フェスタで幼稚園の先生にお聞きしたいとご父兄様からご要望の多かった「幼稚園が家庭に求める入園前の躾」について、園からの回答をまとめてみました。ご参考になさってください。
全てが完璧である必要はありません。目標に掲げて少しずつ家庭で取り組んで欲しいと思います。

  1. 生活のリズムを作ること(早寝・早起き)
  2. 一人で手を洗う、顔を洗う、うがいをするといった経験をさせておく
  3. 衣服の着脱に自分で取り組む意欲を持たせておく
  4. 自分の思いの意思表示(喜怒哀楽)を安心して出せるように
  5. 親としては、わがままと自己主張の見極めが重要です。

昨年度入試状況

平成31年度募集人数

3年保育<年少> 35名・男女
2年保育<年中> 若干名・男女

願書配布日

平成30年4月19日(木)

出願日と出願方法

<郵送受付・締切日消印有効>
平成30年10月1日(月)~平成30年10月10日(水)

考査日と考査方法

<試験日>受験日を選択できます。
平成30年10月20日(土)・21日(日)のうち希望順位を「入園志願書・面接資料」の該当欄に記入
<試験内容>
行動観察(子供面接)、面接(保護者同伴)、

幼稚園受験
小学校受験
幼稚園フェスタ

玉川学園幼稚部

幼稚部長

櫻井利昭先生

住所

東京都町田市玉川学園6-1-1

電話番号

042-739-8931

アクセス

「玉川学園前」駅下車徒歩約10分
「青葉台」駅より徒歩約10分 バス/奈良北団地行17分「奈良北団地」下車徒歩8分

URL http://www.tamagawa.jp/academy/kindergarten/

pagetop