森村学園幼稚園|富士チャイルドアカデミー

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

森村学園幼稚園

森村学園幼稚園ってこんなところ

東急田園都市線「つくし野」駅を降りると、そこは静かな住宅街です。その住宅街の中の道をゆっくり親子でおしゃべりをしながら歩くこと約5分。
森村学園の正門があります。正門をくぐると目の前にはテニスコートがあって、その奥には大きなグランドが広がっています。その横を通って丘の上にのぼっていくと、そこに緑に囲まれた幼稚園があります。
 森村学園幼稚園には遠足やたけのこ掘り、お芋掘り、林間保育といった校外行事もたくさんあるし、親子運動会やクリスマス会、といった楽しい園内行事もたくさんあります。また、園庭では春先から初秋にかけて、お天気がいい日には子どもたちはみんなパンツ姿で水遊びや泥んこ遊びに興じています。木々に囲まれた園庭なので、外からの視線を気にすることなく安心して裸で遊ぶことができるのです。泥んこになった体は遊びの時間が終わるとテラスの温水シャワーで先生たちがきれいに洗ってくださるので心配ご無用。森村学園幼稚園の子どもたちは園庭遊びが大好きです。
 しかし、森村学園の一番の魅力はなんといっても豊かな自然です。自然環境に恵まれた校内には、たくさんの木々や草花があって、そこには虫や鳥たちがにぎやかに集まってきます。蛇や野鼠といった小動物たちも暮らしています。春になるとたくさんの小鳥が遊びに来て、野草たちが可憐な花を咲かせます。秋にはどんぐりや舞い落ちた木の葉で遊び、冬の餅つきのときには森で拾ってきた葉っぱや小枝でお米を蒸します。自然は遊びの宝庫。四季折々、この自然の中で遊びながら学びを深めていく。それが森村学園幼稚園の一番の魅力です。

求める子ども像

《森村学園幼稚園の教育の公式》

“みんな”+“あそび” +“豊かな自然環境”⇒ “生きる力の礎”+“知的好奇心”
園内での森あそび

森村学園幼稚園では“読み・書き・算盤”といわれる、いわゆる“お勉強”は一切やりません。それらはすべて15年一貫教育の初等部から。森村学園幼稚園の教育の柱は、豊かな自然環境の中で、みんなといっしょに楽しく遊ぶことです。

恵まれた自然環境の中に身をおくと、そこにはたくさんの気付きがあります。「ダンゴ虫のオスとメスはどこが違うの?」「どうすればこの崖を登れるだろう?」 自然の中に身をおくからこその“気づき”から、やがて知識というきれいな花が咲き実を結びます。と同時に、そんな環境の中でみんなと遊ぶことを通じて、約束を守ることの大切さや、時には我慢しなければならない時があること、あるいは、お友だちとともに頑張り、力を合わせることの楽しさと、それによって得られる達成感の素晴らしさを体得していくことにもなるのです。
お友だちとの遊びは、これから一生続いていく社会生活を円滑に送っていく上での根幹を形成してくれます。そして恵まれた自然の中での発見は、知的活動の根源となる知的好奇心を豊かに育んでいってくれるのです。

森村学園幼稚園は、豊かな自然環境の中で、みんなといっしょに楽しく遊ぶことを通じて、“生きる力の礎”を築き、“知的好奇心”を育んでいく幼稚園です。

これから入園する皆様へ ~先生からのメッセージ~

森村学園幼稚園には、通園バスがありません。給食もありません。森村学園幼稚園は“ないないづくし”の幼稚園です。しかし、バスを置かないのには、給食にしないのには、それぞれちゃんとした理由があるのです。

毎日幼稚園に行き来する中での親子の会話。それは子どもにとってどれだけ楽しい時間でしょう。いや子どもにとってのみならず、保護者の方にとっても楽しい時間であるはずです。幼児期に共有する親子の濃密な時間の存在は、子どもたちの安定した情緒を培っていく上で欠くことのできない時間になるはずです。通園バスがないメリットはこんなところにあるのです。

幼稚園では「いただきます」と「ごちそうさま」がきちんといえる子どもになってほしいと考えています。この二つのことばは、お家の方が心をこめて用意して下さった食事を楽しくおいしく、すべていただいたときに初めて心を込めていえることばです。幼稚園でいただくお食事がそれぞれの子どもにあった量や質を熟慮して作ってくださるお弁当だからこそ、幼稚園は子どもたちに完食を求めることができるのです。給食にしないことのメリットはこんなところにあるのです。

森村学園幼稚園は“ないないづくし”の幼稚園なので、保護者のみなさまにかかる負担がとても大きな幼稚園です。しかし、毎日お家の方と手をつないで幼稚園に通い、お昼には手作りのお弁当をいただき、ゆとりをもって日々の幼稚園生活を過ごす。それによって、子どもたちは園生活を通じて掛け替えのない財産を得ていいくのだと考えています。幼稚園の先生たちといっしょになって、子どもの成長に手間隙をかけることを惜しまない保護者であってくださることをお願いいたします。

ご参考情報

過去の幼稚園フェスタで幼稚園の先生にお聞きしたいとご父兄様からご要望の多かった「幼稚園が家庭に求める入園前の躾」について、園からの回答をまとめてみました。ご参考になさってください。
全てが完璧である必要はありません。目標に掲げて少しずつ家庭で取り組んで欲しいと思います。

  1. 自分のことは自分でやろうとする気持ちを持つ。
  2. 人の話をきちんと聞こうとする姿勢をつくる。
  3. 自分の気持ちを最後まで話せるように努める。
  4. 相手の目を見て、ご挨拶ができるようにする。
  5. おむつは入園までにはずせるようにしてください。(失敗してもかまいません)

昨年度入試状況

募集人数

3歳児;約40名(男女)4歳児;約20名(男女)

願書配布日

10月15日

出願日と出願方法

郵送のみ

考査日と考査方法

3歳児:11月2日または3日
(原則として午前。日程は希望制)
4歳児:11月1日
保護者面接は別日に行います。

※平成31年度考査より一部考査内容を変更する予定です。

※平成28年度から、保育後の預かり事業「子供の森」を開設しています。原則として保育終了後から17時30分まで。ご希望により夏休みなど長期休みに開く計画があります。詳細は本園HP「森村っ子の生活~子どもの森」や「森村幼稚園子どもの森(ブログ)」をご覧ください。また、平成30年度より「朝のお預かり」も行います。

幼稚園受験
小学校受験
幼稚園フェスタ

森村学園幼稚園

園長

武藤 深雪先生

住所

神奈川県横浜市緑区長津田町2695

電話番号

045-984-0046

アクセス

東急田園都市線「つくし野」駅下車徒歩5分

URL http://www.morimura.ac.jp/youchien/

pagetop