横浜雙葉小学校|富士チャイルドアカデミー

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

私学の安全対策

横浜雙葉小学校

@.当日の対応

校内にいた児童150名を中庭に集め、揺れが収まるのを待って教室待機。緊急引取りを一斉送信し、90名が帰宅。帰宅困難者は学校で泊まることとなる。災害対策用ブランケットを支給。食事はアルファ米(湯を入れると10分ほどで炊き込みご飯となる。)、缶詰(いずれも備蓄)、パン、おにぎりを提供。夜中より翌朝にかけ60名全員が、無事に帰宅した。

 当日は午前授業で、幸い多くの児童は帰宅していた。2〜3名が途中で地震に遭遇したが、自力で歩いて帰った。

A.翌日からの対応・連絡

6年(卒業生)は日程を変更し6年だけの卒業式を実施した。在校生は修了式はせずに、事実上春休みとなる。日程を変更し、保護者同伴で通信票、物品引取りを実施。

「こども安全連絡網」(フェアキャスト)で、その都度送信し、保護者が心配しないよう配慮した。

B.保護者を最も安心させた対応

食べ物、寝る場所などが確保されたこと。

24時間体制の受付や、児童の相手、世話などの教員の対応。

その都度、情報の伝達を行ったこと。

C.安全対策について

教員、保護者による登下校指導の徹底。

警備員の立哨、複数体制。

その他「私学の安全対策」に関する記事一覧

pagetop