桐蔭学園小学部|富士チャイルドアカデミー

  • フリーコール:0800-222-7773
  • お問合せ
  • サイトマップ

私学の安全対策

桐蔭学園小学部

@.当日の対応

当日は短縮時程だったため、地震発生時に校内に残っていた児童は112名全員校庭に避難。5年生の父母懇談会(15:00開会予定)は中止。5年生の残留児童は引き取り下校。

他の残留児童(鼓笛隊、図工クラブ、演劇クラブ、ダンスクラブ、卒業アルバム委員で5年生以外)は28名。自家用車による引き取りを要請、20名が引き取り。残り8名はパンとジュースの軽食を取った後、教員が車で送る。最終23時。

A.翌日からの対応・連絡

翌土曜日は学園閉鎖(電話連絡網、HP、緊急メール)

月曜朝に閉鎖延期(22日まで)の連絡(電話、HP、メール)

16日の卒業式を23日に延期、終業式は中止。

B.保護者を最も安心させた対応

電話連絡網、HP、緊急メールの3点セットは普段からよく発信しており(鉄道の遅延時、悪天候)、今回も情報伝達がスムーズだった。車がない、電動式の為車庫が開かない等で迎えに来れない児童を教員が分担して家まで送り届け、学校に泊まる児童は一人もいなかった。

C.安全対策について

中・高は数百名が学校に泊まった。暖房の入る部屋(ホールなど)で眠り、夕食・朝食は食堂部が用意をした。小学部で帰宅できない子がいたら、中・高生と一緒に泊まることができた。

その他「私学の安全対策」に関する記事一覧

pagetop

幼稚園フェスタ